光脱毛とレーザー脱毛、どちらを選ぶ?


サロンで行う光脱毛とクリニックで行うレーザー脱毛にはどのような違いがあるのでしょうか。
その大きな違いは照射する光の波長の違いです。光には複数の波長が含まれていて、一度に広い範囲を照射できる代わりに毛に作用する光の威力が拡散してしまいます。一方で単一の波長のレーザーは集中的に熱を集めることができて、威力が強力です。そのため医療機関の専門家にしか扱うことができません。
光脱毛は出力が弱いので痛みが少ないのが特徴です。威力が弱いので定期的に繰り返し施術を行い、長期間照射し続けていく必要があります。レーザー脱毛は光よりも出力が強いのでその分痛みを伴いますが、施術も短期間で済みます。ただし効果が高いので光よりも費用がかかります。
格安のキャンペーンなどを頻繁に行っているサロンの光脱毛は、通いやすい雰囲気があります。しかし毛根を破壊する行為は医療行為に当たるため、サロンの光脱毛で行える脱毛施術はあくまでも毛根にダメージを与えることだけです。そのため、「永久脱毛」を謳えるレーザー脱毛に対して、光脱毛は「不再生脱毛」「抑毛」ができるに過ぎません。といっても「永久脱毛」も施術が完了すれば二度と毛が生えてこないというわけではなく、その定義は脱毛が完了して一ヶ月経った後に再生した毛が20%以下であることです。完全にツルツルにするのが永久脱毛ではないことを知っておきましょう。
脱毛効果が高いのはレーザー脱毛です。よりツルツル肌を目指したいかたは費用をかけてレーザー脱毛を受けたほうが、理想に近い状態になるでしょう。ただ、光脱毛はお安い分手軽に挑戦しやすいです。
光脱毛で効果が納得できなければレーザーに切り替える、といった方法もありますし、一長一短ある脱毛方法をよく検討してみましょう。

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。