脱毛ワックスで失敗談

Pocket

本当はレーザー脱毛など、サロンに行って永久脱毛をしたかったのですが、10代の頃はお金もありませんでした。できるだけお金もかけないで脱毛しようと、「脱毛ワックス」を試してみたのですが、これが大失敗!
昔ながらの脱毛グッズで、友達が腕の脱毛をしたら綺麗に毛根から抜けた!と教えてくれたのでネットで調べて早速試してみました。
カチカチのワックスが入っている容れ物は、そのまま火にかけられます。火にかけでカチカチだったワックスを溶かし、まだ少し熱いうちに腕のなどに伸ばし、再度固まったらベリッとワックスをめくるのです。
説明書の通りに火で溶かし、付属の木ベラで腕に伸ばしたのですが、これがもう本当熱い!たまらなく熱いのです。でも冷えてしまうと今度はまた固くなり脱毛したい部分に塗る事ができません。仕方なく熱いのを我慢しながら両腕に伸ばしました。
せっかく火にかけて溶かしたのだから、この際一気にやってしまおうと脚と脇の下にも塗りました。両腕・両脚・脇の下にワックスを塗り、手を挙げて微動だにせず待っている姿は本当に滑稽でした。
しかし、さらなる試練がこの後に待っていたのです。
また溶かすのが面倒だ、という理由であちこちにワックスを塗ったのですが、剥がして初めて気が付きましました。剥がすのが痛い!本当痛いのです!
思いっきりベリッと剥がさないと毛は抜けません。ゆっくりやると肌を痛めます。腕はまずまず。脚もなんとか我慢できました。しかし、脇の下が痛くてたまりません!一気に剥がさないと、もっと痛いのですがなかなか勇気が出ず、しばらく心の準備をして、泣きながら一気に剥がしました。
確かに各所毛根から抜けていましたが、どうせ只抜くだけなら毛抜きで十分だったかなと思います。手間もかからないですしね。
もちろん、そのワックスは一度きりで使ってません。

ピックアップ記事

関連記事一覧

  • コメント ( 0 )

  • トラックバックは利用できません。

  1. この記事へのコメントはありません。